本 'In Verwarde Staat' - Dr. Roex, Karlijn 「ルー・カーリーン」

オランダで マスメディアは、2017年の殺人率の増加を浮浪者や燃え尽きた人や「精神疾患者」たち、ひきこもり」の存在の増加のせいにしました。その原因に関する主張には何の証拠もありませんでした。ある人が誰かを刺すときはいつでも、メディアは私たちのせいにするのです。

このヘイトスピーチに導かれて、いくつかの恐ろしい政策提案と実践が我々に狙いを定められました。今や、路上から我々を拾い上げて拘禁場所に運ぶ特殊な自動車があり、最初はそれが警察車両だったのですが、しかし新しいそれらは暴力的であって、更にはもっと隠蔽されているのです。

一般公衆は浮浪者や「精神疾患者」を探知し、それから我々のことを権力に報告するように推奨されており、そして権力は我々を治療へと強制します。公衆はこれらの実践がよきケアを具体化すると考えているので、これらは吟味されたり批判されたりしないのです。

社会学者 です。私の友達への自己防衛の義務を感じました。怖ろしい抑圧を見ながら、私は自分にはみなを解放し社会を変える義務があると感じたのです。集団的な自己防衛によって (ピエール・ブルデュー  の 社会学)、私は1冊の本を書くと決めました。この本は9月中旬に刊行されるでしょう。この本では、私の抑圧とスティグマの個人的経験(そのぶおして他の人たちの経験)からの知識と、私の社会学的知識を結合しました。

Publisher: Lontano Uitgeverij (Amsterdam, オランダ)

わたし は  2019年8月9日 日本 に いきます   。
9月9日 オランダ に かえります。
活動家や類似の物語をもつ人たちと考えを交換し合いましょう。
コンタクト メルアドレス info [a] karlijnroex.net
よろしく おねがいします。

LinkedIn